闇金融の実態と借りてしまった場合の対処

闇金融というワードが世に出回ってから10年近く経ちますが、未だにその被害は絶えません。闇金融というのは法的に認可を受けていないのに金銭を融資する業者の事ですが、その実態は通常ではとても返済できないような高い利子、恐喝紛いの激しい取り立て、そして別の闇金融へ誘導し雪だるま式に借金が増えていく、という破滅の道への誘導に他なりません。

 

闇金融業者の特徴としては、自治体の認可がないため、登録を示す表記がなされていない場合が多いです。また基本的に電話のみでやり取りを行うもの特徴です。特にやり取りが携帯電話のみでなされる場合は注意が必要です。

 

名前もよくわからないような金融会社からお金を借りる事自体あまりオススメできませんが、もし街金と闇金融の見分けがつかない場合は上記の内容をしっかりチェックする、もしくはインターネット上にある闇金融リストを利用するのも手です。

 

もちろんお金を借りる際は慎重に慎重を重ねて行われるべきですが、もし闇金融でお金を借りてしまった場合はすぐに弁護士や司法書士などの専門家、もしくは最寄りの警察の関連部署に速やかに相談をしましょう。とにかく早急に対策をしないとどんどん泥沼に嵌ってしまいます。最悪の場合身内や勤め先まで巻き込んでしまう可能性があります。

 

あなただけではなく、身内まで絡め取ってしまうのが闇金融です。お金を借りる際は絶対避けるようにしましょう。